Uber Eats 配達パートナーの初期費用 ついに0円時代開幕!

やろうと思えば0円で始められますが、5000円くらいを初期投資すればより快適に稼働できます。何のこと? はい、Uber Eats の配達パートナーのことです。

混迷の現在、フードデリバリーは人気の働き方です。理由は圧倒的な手軽さ。Uber Eats やmenuでは登録からバッグの入手までネットで完結します。

一方、出前館の登録はやや煩雑ですし、foodpandaのシフト制は旧来の現地集合の派遣とそう変わりません。

さらにあの象徴的なロゴ入りの純正バッグさえも強制装備ではありません。手持ちの日用品をかき集めれば、新しいアイテムを買わずとも、実質0円で配達を始められます。

しかし、快適で効率的な配達には多少の出費は必要です。普通のリュックで汁物を零さず、寿司を片寄せずに運ぶのは至難の業だ。

この記事ではUber Eats 初心者のためのおすすめグッズや初期費用を紹介します。

Uber Eats の配達に必要なもの

Uber Eats の概要です。

サービス名Uber Eats(ウーバーイーツ)
SNSなどでの俗称ウバ、乳母、姥
運営会社Uber Japan株式会社
母体Uber Technologies Inc
公式ページ【ウーバーイーツ】出前&宅配の総合サイト
公式TwitterUber Eats JapanのTwitter
配達エリア全国47都道府県
加盟店舗数130,000
エリア一覧Uber Eats 日本のすべての都市
加盟店マップUber Eats 加盟店マップ
拠点※パートナーセンターは無期限休業中

これが新進気鋭の出前ギルドのグランドマスターです。配達パートナーはここと提携して、お使いクエストを貰います。

服装やバッグは自由

Uber Eats は放任主義です。地味なシャツを着ろとか、サンダルを履くなとか、髭を剃れとか、他社バッグのロゴを隠せとか、そんな細かいことをいちいち言いません。

そういう細かい縛りは出前館の十八番です。→出前館の配達員の始め方 高額報酬には拠点選びが重要

仕事道具の選択や調達は配達パートナーの裁量です。人目や評判を気にしなければ、素手・徒歩で行けます。加盟店と注文者にBAD評価を食らいかねませんが。

実際に東京23区で徒歩配達が解禁になりました。→Uber Eats(ウーバーイーツ)の徒歩配達の登録が東京23区でスタート!

Uber Eats 公式バッグはアマゾンに

Uber Eats の純正バッグです。

uber Eats バッグ
uber Eats バッグ

ロゴがない? いえ、これは出荷状態です。Uber Eats のバッグは折り畳み・組み立て式です。

で、この純正バッグも強制でなくて推奨でしかありません。「Uber Eats の純正バッグを使うべし」という規定はない。

他方、出前館の規定には「他社のバッグのロゴを隠せ」というものがあります。多少の責任転嫁の風味が漂います。

また、2020年春以降にUberパートナーセンターが休業して、バッグの受け渡しやデポジットが終了し、公式の入手先がアマゾンになりました。

しばしばこのページ内に複数の出品が出ますが、公式は販売元”UET Japan”の4000円のやつで、ほかは転売ものです。

Uber Eats のバッグのスペックのまとめです。

商品名K IDelivery Bag (with Logo) ブラック
Delivery Bag (with Logo) グリーン(2021年の新色)
購入先amazon
販売元UET Japan
価格4000円(税込)
サイズ46x46x31cm(ストラップを含まない)
重量3.18kg
付属物黒プレートx3 銀プレートx2
備考緩衝材は付属しない
デポジット制度は終了
30日以内の返品はOK
2021年春に新色のグリーン追加

大容量で丈夫なバッグです。がっつり稼働するガチ勢の仕事道具としてベストです。DiDi Foodのバッグもほぼ同等品です。

しかし、週末勢、副業勢、晴れの日オンリー勢、女子には3.18kgの重さと65Lの大きさがネックです。日本人の一食分の出前には明らかにオーバースペックだ。

このためスマートなロゴなしの市販バッグもひそかに人気です。自分の用途を考えて、最適なバッグを選びましょう。

デリバリーバッグの相場は4000円です。

自転車か原付バイク

さて、徒手空拳の稼働はローコストですが、大都会の中心部以外では非現実的です。

フードデリバリーの配達パートナーの99%は自転車か原付で稼働します。それ以上の本格的なオートバイや自動車はややイレギュラーです。

そもそも125cc以上の二輪車及び自動車の営利的な配送には陸運の許可が必要です。車両のナンバープレートが家庭用から事業用に変わります。

で、手間の掛からなさと初期費用の低さからフードデリバリー初心者には自転車が圧倒的におすすめです。

原付は確かに楽ですが、駐輪場所に困りますし、車に煽られますし、スピード違反や駐禁をけっこう食らいます。

配達デビュー→駐禁切符→罰金7000円は再起不能コースです。その点、自転車は良い意味でルーズです。

フードデリバリーの配達用の自転車を新しく買うならば、実用系のスポーツタイプのものを買いましょう。通販やホームセンターで2~3万円台のものがおすすめです。

これらは純然のスポーツ競技用自転車ではありませんが、街中の配送には十二分な乗り物です。

逆に純然のスポーツタイプのロードバイクやマウンテンバイクは街中ではミスマッチでオーバースペックです。

スマホホルダー

フードデリバリーの要は配達アプリです。Uber Eats では『Uber Driver』です。

パートナーはこのアプリに従って、配達や配車をこなします。まさに天の声、神の導きです。これなしでは腹ペコの人、料理店、運び手の全ユーザーが路頭に迷います。

必然的にスマホの電池切れ=営業終了です。お出かけ前にフルチャージを心がけましょう。慎重派は予備のスマホかモバイルバッテリーを。

まあ、出前館では配達アプリに奇怪な仕様のせいで予備スマホは無意味ですが。→出前館のインセンティブ おなじみのブースト クエスト ピークタイムがない訳

実際に現場で配達すると分かりますが、配達パートナーはほぼスマホ画面にくぎ付けになります。アプリのマップやナビなしでは不慣れな街の目的地には絶対に辿り着けません。

稼働中にポケットやバッグにスマホをいちいち出し入れするのは非効率的で危険です。とくに走行中の片手運転スマホ凝視は事故原因のナンバーワンです

そんなときに役立つのがスマホホルダーです。自転車屋やバイクのハンドル周りに取り付けるスマホ固定用の台座です。

Uber Eats のお供スマホホルダー
Uber Eats のお供スマホホルダー

出し入れの手間と片手運転が解消されて、配達効率と安全性が一気に上がります。

注意点は画面の見過ぎです。自転車走行中のスマホのじっくり凝視は道路交通法的にややグレーなながら運転です。お巡りさんに見つかると、注意されかねません。最悪、違反切符です。

カーナビと同じようにちらちら見るのが健全な使い方です。注文者のメモなどをじっくり見るときには自転車を止めましょう。

スマホホルダーはこの数年でずいぶん安くなりました。通販で1500円前後です。見た目は少しやぼったくなりますが、実用的ながっちりタイプがおすすめです。

ただし、完全に固定するタイプを使うと、料理の受け渡しのときに取り外しに手間取ります。ワンタッチで着脱できる4アームタイプのものが便利です。

Uber Eats 初期費用のまとめ

Uber Eats 配達パートナーの初期装備3点セットです

  • スマホ
  • バッグ
  • 自転車

配達パートナーの稼働は個人事業の営業活動です。小さく始めて大きく育てるのが事業の基本です。初期投資を抑えるのは経営者として基礎中の基礎です。

最初からあれこれ買い揃えても、この働き方にマッチしないと、初期投資を無駄にしてしまいます。となれば、初心者には自転車が無難です。

デリバリーバッグの相場は4000円です。Uber Eats 純正バッグはアマゾンにあります。公式はUET Japanの販売品です。ほかの販売元のものは転売品や類似品です。

スマホホルダーは配達をより快適に改善します。相場は1500円です。フードデリバリーにはこれとバッグの5500円装備でデビューしましょう。

自転車は通販の2~3万のスポーツタイプが手頃です。これらは本格的なものではありませんが、ほどほどスポーティでほどほど実用的です。Uber Eats にはぴったりです。

タイトルとURLをコピーしました